飲み屋のオネエチャンみたいな….。

 いつもはユニクロで服を買うんですが、今夜は久しぶりに紳士服の店に行きました。会社の近くに比較的最近できた大型店ですが、まだ行ったことが無いので視察もかねて。
 欲しかったのはワイシャツだけだったのでコーナーに直行。さて、サイズがわからないぞとぼーっとしていたらすぐにおねえさん(女性社員)がメジャーを持って駆け寄ってきてくれました。
 「さすがプロ。タイミングが良い」なんて感心しながら各所のサイズを測ってもらい、ほんの数分でワイシャツ3枚購入。
レジでクレジットカード付きの会員カードを勧められたんですが、「会社を分割して移籍したばかりなのでクレジットの審査を受けるには勤続年数の証明書がないといけないはずだし….」なんていろいろ雑談をしながらお断りしました。おねえさんは服を勧めるよりもカードを勧めるほうが熱心で、ひどく残念そうでした。
 まあ、ここまではどこの服屋さんもおなじ対応です。
 さて帰ろうと袋を受け取ろうとしたら、「出口までお持ちします」なんていわれて、たった5千円程度のワイシャツなのに、毛皮のコードでも買ったかのような扱いを受けてしまいました。
 その後出口までの会話
おねえさん 「こちらのお店は初めてですかあ?」
私 「はい、そうなんですよ~」
おねえさん 「じゃあ、また来てくださいね」
私 『なんか、飲み屋のオネエチャンみたいなしゃべり方だなあ(クスクス)』
おねえさん 「来てくださいますよね!(笑顔)」
私 「な~んか、いいなあ。飲み屋のオネエさんみたいで…..」
おねえさん 「お待ちしていますので(笑顔)」
私 「はい、わかりました」
おねえさん 「ありがとうございました~」
 近いうちにもう一度行って、入り口でご指名してみようか….。
 すでに酔っ払った気分なので、今夜はもう寝ます。

 

高知県 ブログランキングへ

「読んだよ!」という合図にクリックお願いします。
著者がたいへん元気になります。 ^o^/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

■まことにお手数ですが、迷惑な自動投稿防止のために答えをアラビア数字(0,1,2,...9)で枠に入力してから[コメントを送信]お願いします。 m(_ _)m Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.