ノートパソコンの分解は面倒だ

 会社のノートパソコンから異音がすると持ち込まれました。カエルが中に入っているのかと思うような音がしてました。電源を入れてもWindowsが起動しないのでハードディスクの故障だろうと思って取り替えるために分解を始めたのですが、これが意外と大変でした。ねじを全部はずしてもディスプレイが固定されている部分だけがどうやっても外れない。どんなに考えてもはずす方法がわからないので、まったく期待しないでGoogleで検索してみました。そしたら、ありました!! HDD交換手順というページです。こんな方法で外さないといけなかったなんて。いくら考えてもわかるはずがないですね~。
 分解した画像が下のものです。故障したハードディスクは手前の真ん中にある銀色の四角い物。
 交換用のディスクを会社の近くのヤマダ電機に買いにいったら「ノート用は取り寄せになります」とのこと。ノートは上記のように分解が大変なので自分で修理する人は少ないのでしょうね。しかたないので、遠くのベスト電器に行ったら6種類もありました~。40GBで11,000円とかなり高価ですが、修理に出したらもっと高価になるのでこれで良しとしました。
 それにしても、なぜこんなに分解しづらく設計したのでしょうか?この構造だったらキーボードの手前の部分がパカッと外れるようにしておけばハードディスクの交換が楽なのに。メーカーのサービスマンだってその方が嬉しいはず。昔のNECのノートはまるでリムーバブルハードディスクかと思うような感じで、ねじ2本をはずしてカシャッと引き抜けたのに….。SonyのB5サイズのVaioなどもキーボードの手前の部分だけが上方向に外れるのでハードディスクの交換は楽でした。ハードディスクなんて2年で壊れることもあるので誰でも簡単に交換できるように実装してほしいものです。


  

 

高知県 ブログランキングへ

「読んだよ!」という合図にクリックお願いします。
著者がたいへん元気になります。 ^o^/

mira
静岡大学人工衛星STARSを技術分野で応援しています。芸西天文台(高知県)の70cm望遠鏡で彗星や小惑星を観測しています。小惑星2個発見。初回帰の彗星1個検出。一般公開では星空案内も。軌道計算ソフトOrbitLife公開中。休日はポケモンGO、マイコン電子工作、Raspberry Pi、Rapiro、写真撮影、MS-フライトシミュレータX。2アマ。本業は民間企業の天才プログラマーです^o^v
電書鳩: mira0910(あっとまーく)gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

■まことにお手数ですが、迷惑な自動投稿防止のために答えをアラビア数字(0,1,2,...9)で枠に入力してから[コメントを送信]お願いします。 m(_ _)m Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.