日下川調整池に微かな春の訪れ

 2週間前の4月12日(日曜日)に日高村(ひだかむら)の日下川(くさかがわ)調整池の周辺を歩いてみました。暖かくなってきたのでいくらか花も咲き、昆虫が現れたかもしれないと思ったからです。


若葉の目立つ山

 田に水が張られていました。この黄色い花はなんという名前でしょう。図鑑で調べようとしましたが、似たような花がたくさんあり、葉の形状を写しておかなかったので判明しませんでした。


水田脇の黄色い花

 遊歩道をてらてら歩いていたら、足元に異物が。キノコでした。キノコが生えるような場所とは思えませんが、けっこういろんなところに生えるんですね。地面に直接生えてました。キノコの種類は非常に多く、図鑑にも載ってないものが多いので種類は調べませんでした。


キノコ

 菜の花にカミキリムシっぽいのがいました。名前を調べようとしたのですが、意外と苦戦しました。似た種類があって悩むのですが、たぶんキムネカミキリモドキのメスだと思います。オスは後ろ足の太ももが競輪選手のように太いのですよ。これは細いのでメスだと思います。


キムネカミキリモドキのメス(だと思う)

 レンゲがほんの少しだけ咲いていました。子供のころ、田んぼ一面に咲きほこったレンゲのじゅうたんの上をゴロゴロ転がって倒したことを思い出します。肥料用に植えているものなのでべつに叱られたりはしませんでした。
 でも、さすがに、茶畑で同じことをやったところ、近所のおばちゃんに叱られましたねえ。私が子供のころはパソコンどころか、テレビゲームすらない時代なので、野山、山河を駆け回って遊びました。するとどうしても農地を駆けずり回ってしまうわけで、近所のおばちゃんおじさんたちによく叱られました。あのころは叱ってくれる大人がいたから良かったですねえ。そして、それでよしと考える良い時代でした。


レンゲ

 アジサイの葉は曇天に映えます。葉の成長具合を写しておこうと近づいたのですが、なにか不自然さを感じました。よく見ると葉に同化したような虫がいます。どこにいるかわかりますか?
 これはツユムシの幼虫でしょうかね。結構大きいのですが、まだ翅がまったく伸びていないので、これから伸びるのか、もう一回くらい脱皮するのかもしれません。


ツユムシの幼虫でしょうか?

 菜の花がたくさん咲いている横にこんな花も咲いていました。菜の花の色違いなのかななんて思って写真を撮りました。調べるのにえらく時間がかかりましたが、ハマダイコンだと思います。ハマダイコンは大根が野生化したものとのことです。これに肥料をたくさん与えたら普通の大根になるらしいです。


ハマダイコンと思われる

 こんな小さな花が群生していました。結構よく見かけるのに名前は知りません。ハルジョオンというキク科の植物でしょうかね?


ハルジョオン?

 ということで、日下川調整池、まだたくさんの花が咲いているという感じではありませんでしたが、たしかな春の訪れを感じました。
 この池の周辺にはイトトンボがたくさん飛ぶのですが、今回はまだ一匹も見ることはできませんでした。池のみずぎわを丹念に観察するとヤゴがいるのかもしれません。
 次はイトトンボの羽化の撮影に挑戦です。

 

高知県 ブログランキングへ

「読んだよ!」という合図にクリックお願いします。
著者がたいへん元気になります。 ^o^/

mira
静岡大学人工衛星STARS-Cを技術分野で応援しています。元・香川大学人工衛星チーム。芸西天文台(高知県)の70cm望遠鏡で彗星や小惑星を観測しています。小惑星2個発見!初回帰の彗星1個検出。一般公開では星空案内も。軌道計算ソフトOrbitLife公開中。休日は人工衛星開発、Raspberry Pi、Rapiro、マイコン電子工作、虫の写真。2アマ。本業は民間企業の天才プログラマーです^o^v
電書鳩: mira(あっとまーく)mail2.netwave.or.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

■まことにお手数ですが、迷惑な自動投稿防止のために答えをアラビア数字(0,1,2,...9)で枠に入力してから[コメントを送信]お願いします。 m(_ _)m Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.