M1星雲の眼視観望と写真のイメージの違い

先週の「芸西天文台冬の天文教室」が終わった後、天文台の上の丘で星景写真を存分に撮影した後ドームに入ってみると、O講師がM1星雲に向けて口径70cm反射望遠鏡の背中に乗っている15cm屈折望遠鏡に小型のCCDカメラを装着してM1星雲を撮ってい…

芸西天文台の観望会をしました

昨夜(1月13日)は芸西天文台の一般公開(観望会)を担当しました。  申し込み人数は少なめだった上に、なにやら感染症が流行っているらしく10人ほどの参加者でした。ですが、10人~20人くらいがいちばんコミュニケーションがとりやすく、会話がは…

月と金星の大接近

今朝、東の空で細い月と明るい金星が非常に接近して美しかったです。 月と金星が同じ方向に見られることは珍しいものではなく、その位置関係によっては金星が月にぶら下がっているようだったり、振り回されているように見えたりするものです。今朝はその間隔…

2018年一気にまとめ

 毎年のことですが、2018年もあっと言う間に年末になってしまいました。あれもやりたい、これもやりたいと思うばかりで、結局何もできず1年が過ぎ去った気がします。1年を簡単にふりかえってみました。 ■元日 初日の出を見に行きました。この3年間…

赤い長方形をしたHD 44179星雲の撮影に挑戦

 天体というと、多くは丸またはそれに近い形状をしているか、不規則な形状をしているものですが、今回は「赤くて四角い」という極めて珍しい天体のお話です。  まず下の天体写真をご覧ください。明るい恒星を中心に四角錐になっているように見られます。こ…

触覚銀河NGC 4038+4039を撮りました

 二つの巨大な銀河が衝突した後、離れようとしている現場を撮影しました。  この衝突銀河はおとめ座のすぐ南のからす座の方向6400万光年の距離にあります。10.7等程度ですので、たいへん暗く、肉眼で見ることはできません。芸西天文台の70cm反…

すばらしいトンボの飛翔

 5月31日(日曜日)も5時に起床して新しいブログのデザインをやっていましたが、16時になってやっと完成の域になったことと、疲れたので気分転換に外出しました。行先は日下川調整池(高知県高岡郡日高村)です。このところここばっかり行ってます。 …