15cm屈折でテスト撮影

昨日の記事の続きで、昨年の12月23日のことを書いた記事です。

 芸西天文台の15cm F8屈折望遠鏡に装着できるか試してみました。特に追加のリングを必要とせずこのように装着でき、ピントも合いました。


15cm屈折望遠鏡に装着したところ


 撮影ソフトはZWO社が開発したASICAPがありますが、販売店が日本語で書いてくれていた解説書にShapCapが紹介されていたのでそれを使いました。SharpCapはカメラにCD-ROMで付属していましたし、最新のものはネット上で無料で公開されています(より多くの機能が使える有料版もあります)。
 -20℃くらいまでは無理なく冷却できました。とりあえず最高感度の600で15秒露出です。ザラッザラです ^_^;


クリックすると原寸大画像が表示されます

M1かに星雲
-20℃に冷却し、ゲイン600で15秒露出


 ヒストグラムはこんな感じ。


ヒストグラム


 15秒露出を12枚(総露出時間3分)撮り、コンポジットしてみました。かなり滑らかになりましたが、最高ゲインである600はちょっと無理がありましたね。


 この日は天気が悪く、たくさんの雲が流れる中、一瞬のすきをついて撮影していたので、多くはテストできませんでした。ゲインは120~150くらいで使っている人が多い感じです。実用的には最大で300でしょうか。
 このテスト撮影の段階が一番楽しいのかもしれません。だって、ほぼ全面曇りでも1時間もかけて天文台に来て準備し、雲の隙間が現れるのを待つくらいですから。その驚異的な熱心さと言ったら ^o^

 

高知県 ブログランキングへ
「読んだよ!」という合図にクリックお願いします。
著者がたいへん元気になります。 ^o^/