天体画像もお化粧しだい

 芸西天文学習館(芸西天文台)で撮像した銀河や星雲の画像をウェッブページで公開していこうと思い、画像処理の練習をしています。
 画像にはいろいろ余計な光が入り込んでいるので除去したり、トリミングしたりしないといけませんが、まずまずの画像が得られました。
 芸西天文学習館に新しい望遠鏡が入った直後に撮像したM51(子持ち銀河)の画像です。
 冷却CCDカメラは白黒なので、カラー画像を得るためには、R(赤)、G(緑)、B(青)のフィルターを装着して、色別に白黒で撮像します。それを画像処理ソフトを使って合成し、カラー画像を得るんです。これがなかなか奥が深いんです。下手にやると画像2のようになってしまいますので、ある程度の練習や研究が必要です。
 画像2は2008年に天界誌に掲載したものです。”テスト撮像”という但し書きで掲載したものですが、かなり下手な画像処理です(当時としてはかなりがんばってやったのですが)。画像1はちょっと腕を磨いて、今日やり直したものです。
 画像1と画像2の元画像が同じものとは思えないでしょう。
 天体画像もお化粧次第でかなり変わるものなのです(笑)。


(画像1) 画像処理をやり直したもの


(画像2) 2008年に天界誌に掲載したもの

 

高知県 ブログランキングへ

「読んだよ!」という合図にクリックお願いします。
著者がたいへん元気になります。 ^o^/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

■まことにお手数ですが、迷惑な自動投稿防止のために答えをアラビア数字(0,1,2,...9)で枠に入力してから[コメントを送信]お願いします。 m(_ _)m Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.