いるか座の新星を撮ってみました

 2013年8月14日に、板垣公一さんが6.8等で発見された新星を芸西天文台で撮ってみました。
発見直後から、1日に1等級のペースで明るくなり、16日から18日にかけては4等級台で増光、減光を繰り返しているようです。
 私も光度を測定してみようと思って15㎝屈折にデジカメを付けて新星の光度測定用のフレーム(0.5秒露出を60枚)と比較星用のフレーム(30秒露出を2枚)を撮って、自分なりに精密に測定し光度を求めてみましたが、5.9等と異常に暗い数値が出てしまいました。"飽和している"などというミスはしていませんが、RAWから読みだす時には、記録されているホワイトバランス値やガンマ補正値を反映させないといけないのでしょうか?原因究明をしないといけません。
 とりあえず、70㎝反射望遠鏡に冷却CCDで撮った新星の姿を掲載しておきます。
 画角はわずか28′(分)四方ですから、"いるか座"や"や座"ははるか外にあり写っていません。


いるか座の新星
NOVA DELPHINI 2013 = PNV J20233073+2046041
2013年8月20日

 

高知県 ブログランキングへ

「読んだよ!」という合図にクリックお願いします。
著者がたいへん元気になります。 ^o^/

mira
静岡大学人工衛星STARSを技術分野で応援しています。芸西天文台(高知県)の70cm望遠鏡で彗星や小惑星を観測しています。小惑星2個発見!初回帰の彗星1個検出。一般公開では星空案内も。軌道計算ソフトOrbitLife公開中。休日はポケモンGO、マイコン電子工作、Raspberry Pi、Rapiro、写真撮影、MS-フライトシミュレータX。2アマ。本業は民間企業の天才プログラマーです^o^v
電書鳩: mira(あっとまーく)mail2.netwave.or.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

■まことにお手数ですが、迷惑な自動投稿防止のために答えをアラビア数字(0,1,2,...9)で枠に入力してから[コメントを送信]お願いします。 m(_ _)m Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.