彗星

C/2014 E2 ジャック彗星を撮りました

 ジャック彗星 – C/2014 E2 (Jacques)が少しずつ北上し12等級まで明るくなっています。7等級まで明るくなる可能性があると言われていますが、そこまで明るくならないように感じます。もし明るくなったとしても太陽方向…

アイソン彗星はまだ16.2等です

 2013年11月28日に太陽から0.0125天文単位まで近づき、太陽表面からわずか117万キロのところを通過していくアイソン彗星 C/2012 S1 (ISON)を撮ってみました。下の写真の中央にあり、左(東)に向けて太くて短い尾を引いて…

20.3等のパンスターズ彗星(C/2013 G3)を撮りました

 4月10日にPANSTARRS第1望遠鏡が20.8等の非常に暗い彗星を発見したという報が届いて驚きました。よくそんな暗い彗星が発見できるものです。  20等級の彗星を追跡できる天文台はそう多くはないので、芸西天文台で観測してみようと思いま…

70cm反射でパンスターズ彗星を撮りました

 3月15日は70cm反射にSTX-16803Eを取り付けてパンスターズ彗星を撮ってみました。70cm反射をパンスターズ彗星に向けるのは初めてです。  黄砂が多めで西の空は真っ白でしたが、どうにか写りました。  下の画像は19時過ぎからの4…

パンスターズ彗星の尾が写りました!

 今日もパンスターズ彗星の撮影に挑戦です。  ひどかった黄砂もすっかり消えて、一日中青空に恵まれました。青空は夕方まで持ちこたえてくれました。しかもうす雲の気配すらなし。これまでずっと極めて薄い雲(水蒸気?)が重なって超低空が灰色で、彗星ら…

近日点前日のパンスターズ彗星が撮れました

 3月9日(土曜日)は近日点前のパンスターズ彗星を観測しようと気合いが入って、昼間から芸西天文台に行きました!  しかし、先日からすごい黄砂が飛んでいて、もう風景が異なっています。  緑の山は灰色に、すぐそこにあるはずの太平洋は見えません。…

P/2012 B1 パンスターズ彗星とM61銀河

 パンスターズ彗星P/2012 B1 (PANSTARRS)がM61銀河のすぐ近くを通過していったので撮影しました。  (このパンスターズ彗星は3月に日本から比較的明るく見られることが期待されている彗星とはちがうものです)。  一番明るい銀…

アイソン彗星C/2012 S1 (ISON)を撮ってみました

 今年の11月下旬に太陽に非常に近づいて、大彗星になることが期待されているアイソン彗星 C/2012 S1 (ISON)を、芸西天文台の70cm反射望遠鏡で撮影してみました。尾の様子を見たかったので、10分露出を3枚撮って、彗星の移動に合わ…

パンスターズ彗星(C/2011 L4)を写しました

 来年3月に0等級になり、肉眼で見られることが期待されているパンスターズ彗星 = C/2011 L4 (PANSTARRS)を撮影しました。画像は芸西天文台の70㎝反射望遠鏡に冷却CCDカメラを取り付けて、5分露出した2枚を彗星の移動に合わ…

針のような姿の彗星が見つかりました

 3月26日0時36分、明日(今日)も仕事があるので、そろそろ片付けて帰ろうかと思っていた時に、佐藤英貴氏がcomet-obs ML(彗星観測者メーリングリスト)に投稿したメールが届きました。  現在NEOCPに掲載されているTF85899…

2012年最初の彗星

 1月6日にCBET 2966が届き、今年最初の彗星C/2012 A1 (PANSTARRS)が発見されたことを知りました。さっそく観測しようと思いましたが、極めて暗い20.5等と報告されていて、すでに満月に近い月明かりがあったので観測でき…

遠くからやって来た彗星

 2012年は正月三ヶ日は雲が多かったので、7日になってやっと初観測ができました。と言っても月齢13.4の満月と言ってもいいような明るい月が東にあったので、西にある明るい彗星しか撮れませんでしたが。  下の画像はリニア彗星C/2010 S1…

帰って来たレビー彗星

 12月17日(UT)にレビー彗星P/2006 T1 (Levy)が帰ってきたのがMt. Lemmon Surveyにより発見されましたので、芸西天文台で観測しました。光度は18.6等と測定しましたが、画像を見ると19等台の印象を受けるほど…

ギャラッド彗星が明るいです

 2009年8月に発見された彗星C/2009 P1 (Garradd)=ギャラッド彗星がどんどん太陽に近づき、まもなく最も明るくなるのでカラーで撮ってみました。下の軌道図のとおり、地球にも近くなっているので、ぐんぐん移動していきます。中央の…

ファン・ネス彗星の分裂核の撮像に成功!!

 石垣島天文台(国立天文台)によって、太陽の周囲を約6年4カ月かけて回っているファン・ネス彗星(213P/Van Ness)が2つに分裂したことが発見されたというニュースが伝えられています。  各記事はこちらで検索できます。  この彗星本体…

2011年最初の彗星が発見されました

 1月12日の昼、今年最初の彗星発見情報が届きました。  彗星名はP/2011 A1 (Larson)となりました。発見の第一報で、すでに周期彗星の符号がついています。  私も早速軌道を計算してみました。軌道図を下に示します。  現在のとこ…

気合い入れてPANSTARRS彗星を撮りました

 ハワイのハレアカラ山にあるPan-STARRS 1望遠鏡が10月6日(UT)に早くも(?)1個目の彗星を発見したのですが、これが暗いのなんのって、発見した時の光度は21.4等と報告されました。その後も19等後半から20等級と、まったく明る…

池谷・村上彗星が発見されました!

 11月5日の朝、久しぶりに大きなニュースが飛び込んできました。  池谷・関彗星や池谷・チャン彗星の発見者として知られる静岡県の池谷薫さんと、シュナイダー・村上彗星の発見者として知られる新潟県の村上茂樹さんが、明け方の東の低空に8等前後の彗…

P/2010 A2 (LINEAR)は19等級になりました

 小惑星同士が衝突したと考えられているP/2010 A2 (LINEAR)ですが、2010年3月17日には19等級まで暗くなって正確に測定できるような姿で捉えることはできなくなりました。下の画像にどうにか写っています。画像の中央から西北西(…

彗星?それとも小惑星? P/2010 A2 (LINEAR)

 天体の軌道を計算すると小惑星の軌道なのに、姿はどうみても彗星だという天体が発見されました。 彗星なら頭の部分に明るい核が観測できるのですが、この天体には核が確認できません。 小惑星(岩石や金属の塊)に何かが衝突して、その破片が飛び散って彗…

ジャコビニ彗星のB核を捉えました!

 芸西天文台チームはやっとジャコビニ彗星のB核を捉えました。  9月23日の朝、ジャコビニ彗星が3つに分裂していることがIAUC 8978(国際天文学連合回報)によって報じられました。我々、芸西天文台のチームも観測すべく何度か望遠鏡を向けた…

P/1896 R2 = 2008 R6 (GIACOBINI)

 9月10日に板垣さんと金田さんがジャコビニ彗星を再発見したわけですが、実はこれより2ヶ月早い7月13日に私もこの彗星を芸西天文台で捜索していました。この時期は芸西天文台の3人チーム(関勉さん、村岡健治さん、私)で本格的に観測を始めようと最…

D/1896 R2(Giacobini)ジャコビニ彗星が生きていた

 9月11日0時26分、中野主一さん(国際天文学連合・小惑星センターの軌道計算者)から、"Re: New Comet"というタイトルのメールが飛び込んできました。本文には"Itagaki-Kaneda&quot…

発見されたばかりのChen-Gao彗星

 2月3日(日曜日)の朝『NEOCPに彗星状の天体が掲載されています。』というメールが飛び込んできました。確認すると『XM08AA [2008 Feb. 02.6 UT. R.A. = 23 11.5, Decl. = +62 11, V …

満月下のホームズ彗星

 今夜は雲が全く無く気温も比較的高めで風もほとんど無かったのですが、残念ながら満月で、カシオペア座のε星(W型の右上の星=3.3等)すら見づらいほど空が明るかったです。  まずは、アウトバースト(爆発現象)を起こした後、大きく拡散しつつある…

177P/Barnard 2彗星の初観測

 やっと遅い梅雨明け宣言が出されました。徹夜観測のために温存している2日間の平日休暇を使って、いつもの仁淀川河口上流の堤防で久しぶりに朝まで観測しました。  望遠鏡を組み立てたのは21時過ぎだったのですが、暑くて汗が出ました。真冬は生きる気…

バーナード第2彗星が117年ぶりに発見されました

 今朝の6時56分に佐藤裕久氏から  NEO Confirmation PageにAZ34128という天体の追跡位置推算表が掲載されています。 AZ34128 [2006 June 23.2 UT. R.A. = 17 41.4, Decl…

大接近中のシュワスマン・ワハマン第3彗星のB核とAQ核(?)

 シュワスマン・ワハマン第3彗星の5月3日の観測の続報です。  下の画像はシュワスマン・ワハマン第3彗星から分裂した2番目に明るいB核の移動の様子です。左上(北東)に向けて移動しています。この間わずか3分です。  明るさは9.3等なので、暗…

大接近中のシュワスマン・ワハマン第3彗星のG核

 シュワスマン・ワハマン第3彗星の5月3日の観測の続報です。  実は3日は0時に起きて観測地に向かう予定でしたが、思いっきり寝過ごして2時30分に起きてしまいました。観測地に行くのに40分かかります。望遠鏡を組み立てて撮影機材をセットし、精…

大接近中のシュワスマン・ワハマン第3彗星のC核

 シュワスマン・ワハマン第3彗星が5年ぶりに帰ってきて、太陽へ最接近しようとしています。今回の回帰は地球との距離が0.08AU(太陽と地球の距離の8%の距離=1200万キロメートル)ほどで76年ぶりの大接近となります。この彗星についてのやさ…

ポイマンスキ新彗星が北上して来たぞ!

2月22日午前7時30分、熊本県の宇都宮章吾さん(宇都宮彗星の発見者)からポイマンスキ彗星が観測できたと言うメールが届きました。 2月22日06時00分から07分(JST)まで初見できました。 視野内の恒星2個からおよその明るさは6.5~7…

ポイマンスキ新彗星が北上してくるぞ!

 1月1日に南米のチリで発見されたポイマンスキ新彗星 C/2006 A1 (Pojmanski)がどんどん増光しながら北上しつつあります。高知県では2月21日~22日の明け方(太陽が昇る直前)から観測できるかもしれません。位置は南東の超低空…

ディープインパクトの報告が少しずつ集まってはいますが…。

 ディープインパクトの7月4日は日本は梅雨の真っ最中ということで、全国的に雨模様でした。彗星観測者の多い日本のメーリングリストは、しーーんと静まり返っています。海外で観測した人たちや海外の観測者からの情報がどんどん飛び込んでくるかと期待した…

ディープインパクト(彗星衝突実験)大成功!!

 7月4日14時56分ころ、NASA(アメリカ航空宇宙局)などが6年の歳月をかけて取り組んだ斬新な観測計画、ディープインパクト(国立天文台による案内)が成功しました。この様子はNASA TVでライブ放送されました。衝突の2分前ころからアクセ…

見失われた彗星 D/1819 W1 (Blanpain) の再発見か!?

 見失われた彗星 D/1819 W1 (Blanpain) と小惑星 2003 WY25 が同一の天体ではないかとの情報が入りました。Blanpain彗星は1819年12月から1820年1月までのわずか1ヶ月間だけ観測され、その後は軌道が計…

2つは同じ天体だった!

 1月16日に彗星が発見され、C/2005 B1 (Christensen) と名前がついたわけですが、この彗星、名前がついた後、2004年3月23日にLINEARにより発見され、2004 FS101という仮符号のついた小惑星と同じ天体だと…

2005年最初の彗星が発見されました

 1月13日(UT)に2005年最初の彗星、C/2005 A1 (LINEAR)が発見されました。発見時すでに14.5等(全光度)と明るく、大彗星になるのかと一瞬期待しましたが、10等くらいまでしか明るくならないようです。しかも南半球で。 …

彗星衝突観測進行中

 日本時間1月13日午前3時47分、ディープインパクトミッションが新しい段階に入りました。これは彗星に大きな弾丸をぶつけて、その様子から彗星のことを調べようというものです。このプロジェクトは、火星探査や土星探査と違って、我々アマチュアの彗星…

SWAN彗星(C/2004 V13)観測できず

 今夜はたまたま観測地に近い営業店舗で仕事を終えたので、西の空に低いSWAN彗星(C/2004 V13)を撮像するために観測地に直行しました。まだ北極星が肉眼で見えないうちから極軸をあわせ(いつも同じ場所で観測しているので肉眼で見えなくても…

C/2004 V13(SWAN)を狙ってみましたが

 11月にSWANの画像から発見された彗星ですが、減光しながら太陽から離れてきたので狙ってみました。夕方の西の空低空なので、私のような移動観測者は時間との戦いです。  画像は下に示しますが、ひどい画像です。低空のため気流が乱れるし、望遠鏡は…

ふたご座流星群は活発に流れました

 今夜も気合入れて17等級の暗い彗星を追いかけてたら、本来なら静かなはずの私の観測場所がなにやら騒がしくなってきました。団体で魚とりに来たのかなと思っていたら、後ろから声が。「こんばんは。ふたご座流星群の観測に来ました。うるさいかもしれませ…

C/2004 Q4 マックホルツ彗星を肉眼で見ることができました

 赤の無い世界で関さんのウェッブページを更新しました。うーーん、画像処理が難しい。でも、星雑草2004年12月5日掲載の2枚の写真は最初から青いんだからね。  昨夜は完全徹夜観測の予定が0時に雲が出てきてしまい、1時過ぎに撤収しました。6個…

マックホルツ彗星が串刺しに

 21日1時53分頃に撮像したマックホルツ彗星に突き刺さった怪しい光はやはり人工衛星でした。彗星観測日誌 C/2004 Q2(Machholz)参照。  宇都宮の鈴木雅之さんがその人工衛星を特定してくださいました。 NORAD #…

マックホルツ彗星と楕円銀河を見間違えてしまいました

 23日は導入精度が極端に悪かったです。どうも、3点によるコンピュータへの座標の設定がミスっていたようです。  失敗談です。明るいマックホルツ彗星 C/2004 Q2 (Machholz) を撮像しようと望遠鏡を向けました。そしたら、下の画…

C/2003 S4(LINEAR)が分裂しました

 今年は500観測を目指していましたが、とてもとても無理です。  2003年に発見されたリニア彗星 C/2003 S4(LINEAR)が2つに分裂したというメールが飛び込んできました。吉田誠一のページ(直リンク)に掲載されています。今年の5…

ASASが彗星を発見しました

 現在はすばらしい書籍がたくさんあります、資料もあり、e-mailで聞けば答えてくれる人もいます。インターネットで検索するとほとんどの情報が手に入ります。このような環境があったから凡人の私でもどうにか実現できたのだと思います。  インターネ…

お~~っと、明るい彗星が発見されました

 8月27日にまた比較的明るい彗星が発見されました。  C/2004 Q2(Machholz) マックホルツ彗星です。現在は13等~14等くらいなので、CCDでは楽に写ります。まだ27日と28日の2日分の観測しかないのでいろいろな軌道が計算…

比較的明るい彗星C/2004 Q1 (Tucker)が発見されました

 おっ、先ほど国際中央局からメールが届きました。14等~15等級の彗星の発見です。彗星名は C/2004 Q1 (Tucker)。35cm f/5反射望遠鏡での発見で、写真や冷却CCDで観測している人にとっては比較的明るい彗星の発見です。ま…

スワン彗星 C/2004 H6(SWAN) が北上してきました

 今日は結構暑くなりました。システム部門の部屋も午後になると冷房があまり効かなくなり、2基目の冷房をフル回転させました。発熱するコンピュータがたくさん動いていて、他の部屋より暑いんです。  スワン彗星 C/2004 H6(SWAN) が日本…

旅客機がニート彗星にニアミス !!

 私がいつも観測している仁淀川(土佐市)河口付近は飛行機が良く飛んでいます。常時どこかに1機は飛んでいる感じです。  5日にニート彗星を29枚撮ったのですが、その中に下のような1枚がありました。構図といい、シャッターのタイミングいい、完璧で…

ニート彗星 C/2001 Q4(NEAT) 初観測

2001年に北半球で発見され、その後南下し、日本からは観測できなくなっていたニート彗星 C/2001 Q4(NEAT) が北上してきました。天候が少しだけ回復し、雲の合間(雲を通して)からどうにか写せました。撮像中は画像1のように尾が右に広…

いよいよニート彗星が北上してきました

 待ちに待ったニート彗星 C/2001 Q4(NEAT) がいよいよ北上してきます。5月2日の日没直後の空を下に掲載します。高度はわずか8.6°しかありませんが、4等級まで明るくなっているので望遠鏡だったら見られる可能性があります。3日から…

突然現れたブラッドフィールド彗星を撮影しました

 リニア彗星(C/2002 T7)と、これから北上してくるニート彗星(C/2001 Q4)の2大彗星の間に突然割り込んできて人気をさらっているブラッドフィールド彗星ですが、ものすごく大きいですね。そして薄明の中(というか完全に明るくなって)…

ブラッドフィールド彗星が次々撮られています

 ブラッドフィールド彗星のすばらしい写真が次々と撮られていますね。今朝とどいたメールによると、遠藤渉氏が撮影した九十九里浜で見られた朝焼けの中のブラッドフィールド彗星(C/2004 F4)がspaceweather.comのトップページに掲…

ブラッドフィールド彗星の精密位置測定に成功しました

 この3日間、明け方の低空にあるいくつかの彗星の位置測定を行うために、超寝不足状態が続いています。  ブラッドフィールド彗星の精密位置測定に成功しました。この彗星は太陽に接近して明るくなった瞬間に発見されたのですが、発見直後に太陽方向に移動…

C/2004 K4リニア彗星が明るくなってきました

2004年10月頃最も明るくなるリニア彗星(C/2004 K4)が徐々に明るくなっています。今朝は12.1等で、冷却CCDカメラを用いると、わずか5秒露出で写るほどの明るさです。この彗星はずっと、天の川を川降りするかのように移動しています。…

ウエスト・ハートレイ周期彗星を撮像してみました

 花粉症が徐々に出てきました。例年に比べると随分楽で、鼻炎カプセルは必要ありません。でも今日から甜茶(てんちゃ)を飲んでいます。昨年これで随分改善したので、今年もペットボトルに入れて一日中飲むつもりです。大変おいしいので年中飲んでもいいので…

もう夏の天の川が見えています

 深夜から明け方にかけての天体は観測する機会が少ないのですが、休日前はチャンスです。6個の彗星を撮像し位置を測定しました。  午前3時を過ぎた頃に東の空に薄雲が出てきているような気がしたので、星雲の撮像より優先して彗星の撮像を行っていました…

本当に肉眼彗星になるのか?リニア彗星

 リニア彗星が徐々に西に低くなりつつあります。仕事が終わってから駆けつけ、望遠鏡を組み立て、赤道儀を調整しながらずぐずぐしていると土佐市上空にさしかかり、町の明かりと大気の揺らぎでぴんぼけのような画像になってしまいます。画像では明るさも尾の…

小惑星2001 RG100はKowal彗星でした!

 月が明るすぎて観測する気分になりません。  小惑星として発見された2001 RG100がその後の観測により彗星であることがわかりP/2001 RG100(LINEAR)となったのですが、さらにその後の軌道計算によりKowal彗星と同じ天体…